So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

日本人学生の課題と解決策:JUNBAメンバー聞き取り調査結果と提言 [報告]

日本人学生に関する課題と解決策:JUNBAメンバー聞き取り調査結果と提言

宮尾尊弘(筑波大学名誉教授)

聞き取りの時期:2016年10月18日~10月20日
対象:JUNBA(サンフランシスコ・ベイエリア大学連携ネットワーク)メンバー:
http://www.junba.org/

聞き取りを行ったJUNBAメンバー大学関係のオフィス(訪問順):
10月18日(火):
1. 日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター
2. 龍谷大学バークレーセンターRUBeC
3. 早稲田大学サンフランシスコオフィスki
4. 大阪大学北米センター
10月20日(木):
5. 九州大学カリフォルニアオフィス
6. 福岡工業大学カリフォルニア事務所

聞き取りの際の質問事項:
「日本からそちらに研修に来る学生たちが持つ一番の問題点は何でしょうか」
英語力なのか、論理的思考力なのか、意欲の問題なのか、文化的な違いなのか、学問的な準備の問題なのでしょうか。

質問への答:
「日本人学生が持つ一番の問題は、学生が自分の考えを表現し、発言や発表ができないこと」

理由と背景:
この問題がいつまでも解決されない理由は、以下の2つに大別される:
1) 文化(心理)的な理由(発言を奨励する文化と抑制する文化の差が大きい)
2) 表現上(英語)の理由(発言・発表の仕方が特に英語では分からない)

以上の2点にそれぞれ答える提言・マニュアルは以下の通り。
---------------------------------------------------------------------------------
1: 文化(心理)的な問題の解決策:提言
文化(心理)的な理由(発言を奨励する文化と抑制する文化の差が大きい)
背景:
日本人学生たちの自己評価が低く、自分に自信が持てない。そのために他者やその場の自分への評価を気にしすぎ、「場違い」な発言をしないよう抑制してしまう。
(他方、米国人の学生たちは自己評価が高く、自信をもってどんな場でも発言する)
課題:
この逆の方向性をもつ2つの文化差をどう乗り越えて、学生たちが進んで発言するような心理状態にどう持っていくか

文化(心理)的な問題克服への提言:
A) 個人レベルの対策:
1: 日米では発言や発表についての文化(評価)差があることをよく分からせる。
2: 参加した活動について自分を評価する点と反省する点を客観的に書かせる。
3: 自分の発言を録音させて、それを聞いて自ら良かった点と反省点を分らせる。

B) 仲間・友人レベルの対策:
1: 仲間や友人どうしでお互いの長所や良い点などを話し合うように奨励する。
2: 「他己紹介」などによって、自らが客観的にどう見られているかを知らせる。
3: 米国人の友人を作らせて、発言・発表の態度や方法の違いを分からせる。

C) 大学レベルの対策:
1: 大学や教員や職員がすべて自分たちに自信と誇りをもち(特に縦のランキングでなく、横の特長
や独自性について)、常に学生たちに伝えるようにする。
2: 大学レベルで発言・発表などによる参加態度を評価するシステムを作る。
3: 海外で学生たちの心理状態をモニターして、必要ならばカウンセリングを行う。
-----------------------------------------------------------------------------------
2: 英語表現上の問題の解決策:マニュアル
表現上(英語)の理由(発言・発表の仕方が特に英語では分からない)

マニュアル:日本人学生のための手引き案

I . 質問のしかた:「どのように質問したらいいでしょうか」

Ia. 段階1:一番簡単にできる質問
例:「その・・・・・についてもう少し説明していただけますか」
“Could you please explain a little more about…….?”
(このような相手により詳しい説明を求める”clarifying questions”は、アメリカでは相手が発言や発表をしている最中でも許される)

Ib. 段階2:次に簡単でよくなされる質問
例:「そちらのお話に関連して、….についてはどうお考えですか」
“In relation to what you said, what do you think about……”
(できるだけ相手の話に関連があって皆が興味を持つ問題に触れるのがよい)

Ic. 段階3:ある程度準備が必要だが「実のある」質問
例:「そちらの主張に対して、…..という反対意見がありますがどう思われますか」
“What do you think of a counter-argument to your opinion like……?” or
“What do you think about an argument contrary to what you said like…”
(相手の主張や意見は何か、そしてその反対意見は何かを前もって調べる必要)
→ ディベートで意見を戦わせる際にも必要な準備。

II. 「質問」する際に注意しましょう

IIa. 注意点1:「準備」が大切
最初から質問しようと心の準備をしておき、相手の話で上の質問をからませる内容・結論をよく理解すること(表現方法は上記に従い、内容に集中して理解と質問する)

IIb. 注意点2:「見栄え」が大切
人に先がけてさっと手を上げ、指名されたら立って姿勢をよくして、大きな声を出す。
(恐る恐る小さな声で「すみませんが・・・」(sorryとかexcuse me)ということは禁物、

IIc. 注意点3:「形式」(礼儀・プロトコール)が大切
まず自分の名前と所属を言い、相手に敬意を払う「おせじ」を言ってから質問する。
最初に:「今日はすばらしいお話をありがとうございました。大変勉強になりました」
“Thank you very much for your great presentation today. I learned a lot.”

III. 発表のしかた:「どのように発表したらいいでしょうか」

IIIa. 準備1:発表の「ポイント(結論)」を最初に明確にする
例:「私は・・・・についてお話します。主な結論は・・・・です。」
“I would like to talk about……and my main point (conclusion) is…...”
(発表は重要なことから先に言い、結論を出す過程を順番に説明するのでない。そうすれば数分の短い発表でも、1時間の長い発表でも、重要な結論から言えばすむ。)

IIIb. 準備2:自分の発表内容の「独自性」を強調する
例:「私の議論(分析)は・・・・です。一方これまでの議論(分析)は・・・・です。」
“My argument (analysis) is…, while the existing argument (analysis) is..”
(自分の発表内容がこれまでの意見・分析と違う点を指摘して、その後で説明する)

IIIc. 準備3:自分の「主観的」な意見・解釈と「客観的」な事実・分析を分ける
例:「私の意見が他の人と異なるのは客観的なデータの解釈が異なるからです。」
“My opinion is different from others, as my interpretation of the existing data is different.”
(客観的データの収集や分析で他者との違いを出すのは難しいが、解釈の違いで独自な結論を導くことは比較的容易。ただしなぜそのように解釈するかの説明が重要)

IV. 「発表」する際に注意しましょう

IVa. 注意点1:「コミュニケーション」が大切
発表は参加者との「コミュニケーション」と心得て、配布資料やパワーポイントなどは必要最小限の使用と内容にして、文章を読むのでなく、皆の顔を見て話しかける。
(これまで世界一と称賛されたパワーポイントの内容はたった「単語一つ」!)

IVb. 注意点2:「パフォーマンス」が大切
発表は1対1の対話ではなく、1対大勢の「公式」の場なので、舞台の上でのパフォーマンスと心得て、正しい姿勢で大きな声でジェスチャーなどを加えて演技をする。
(「質問」の注意点IIb「見栄えが大切」と同じ、日本人はこの意識が薄いので注意)

IVc. 注意点3:「プロトコール」(形式・礼儀)が大切
最初に主催者や紹介者にお礼を言い、最後には参加者全員に謝意を表すること。
最初の謝辞:「・・・様(先生)、ご親切なお招き(ご紹介)ありがとうございました」
“Thank you very much, Mr (Prof)…, for your kind invitation (introduction)”
(以上)
----------------------------------------------------------------------------------

Visit to SF Bay Area (Oct. 18-20): SFベイエリア訪問(10月18日~20日) [Photos/写真]

Visit to SF Bay Area (Oct. 18-20): SFベイエリア訪問(10月18日~20日)

Day 1: October 18(T) ; 1日目:10月18日(火)

Visiting Berkeley; バークレー訪問
161018BerkeleyA.jpg161018BerkeleyC.jpg
Visits: JSPS SF Office; 日本学術振興会オフィス(http://www.jspsusa-sf.org/)
Ryukoku Univ. Office; 龍谷大オフィス
(http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/rubec.html)

From Berkeley to Downtown SF; バークレーからダウンタウンSFへ
161018BerkeleyB.jpg161018SFOsakaA.jpg
Visits: Osaka Univ. Office; 大阪大オフィス:遠隔講義 (http://osaka-u-sf.org/ja/)
Waseda Univ. Office; 早大オフィス (https://www.waseda.jp/inst/us-office/)
------------------------------------------------------------------------------------------
Day 2: October 19(W); 2日目:10月19日(水)

Visiting Stanford University; スタンフォード大学訪問
161019StanfordA.jpg161019StanfordB.jpg
Stanford Seminar: セミナー参加:http://miyao-blog.blog.so-net.ne.jp/2016-10-20

Back to Downtown SF/JapanTown; ダウンタウンSFのジャパンタウン
161019SFJTownA.jpg161019SFJTownB.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------
Day 3: October 20 (Th); 3日目:10月20日(木)

Drive down to San Jose (Campbell) ; サンノゼ(キャンベル)へ
Visit: Kyushu Univ. Office; 九州大オフィス
(http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/california/)

Drive up to Alameda; アラミダへ
161020AlamedaA.jpg161020AlamedaB.jpg
Visit: Fukuoka Inst. of Tech; 福岡工大オフィス
(http://www.fit.ac.jp/kyoiku/kokusai/network)
----------------------------------------------------------------------------------------

Stanford Event: Nuclear Safety And Security In Northeast Asia: A Panel Discussion [Report]

Nuclear Safety And Security In Northeast Asia: A Panel Discussion (October 19, 2016)
Sponsored by: Shorenstein Asia-Pacific Research Center

Date/Time: October 19(W), 12:00-1:30pm
Venue: Bechtel Conference Center, Encina Hall, Stanford

Moderator:
Takeo Hoshi, Henri H. and Tomoye Takahashi Senior Fellow in Japanese Studies, Freeman Spogli Institute for International Studies
Panelists:
Liyou Zha, Deputy Consul General of the People Public of China, San Francisco
Shouichi Nagayoshi, Deputy Consul General of Japan, San Francisco
Jimin Kim, Deputy Consul General of the Republic of Korea, San Francisco
Phillip Lipscy, TheThomas Rohlen Center Fellow, Freeman Spogli Institute for International Studies, Associate Professor of Political Science
Photo:
Prof. T. Hoshi, Mr. L. Zha, Mr. S. Nagayoshi, Mr. J. Kim and Prof. P. Lipscy
161019StanA15.jpg

Webpage: https://events.stanford.edu/events/628/62811/
"Northeast Asia is now a central arena to determine the future of nuclear safety and security. The Fukushima nuclear accident, and its ongoing aftermath, is at the forefront of the debate over the utility of nuclear energy in resolving global issues of climate change and energy security. And North Korea’s headlong rush towards acquisition of nuclear weapons and delivery systems has sparked talk of going nuclear in both South Korea and China and discussion over how to provide extended deterrence, including the role of missile defense."

Review:
When diplomats stationing in a local city like San Francisco talk about national and international issues such as nuclear safety and security, all you can expect is what may be called "diplomatic talks." It was no exception this time, as the three diplomats claimed that their governments were doing their best in achieving "nuclear safety and security" by cooperating among the three countries, even in dealing with the "trust deficit" issue about nuclear safety and the "North Korea" issue about nuclear security.
Whenever they had to mention some unresolved problems, the key word "challenge" was used to avoid admission of inabilities or even failures in addressing such problems.
It turned out to be so obviously "diplomatic," when the three deputy consuls responded to the question from the floor, asking how their governments are dealing with the public's strong opposition to nuclear power, that is, the problem of seemingly increasing trust deficit: the Korean deputy consul said something like "educating people," and the Japanese deputy consul emphasized "dialogue with the public," while the Chinese deputy consul somewhat surprisingly that "the government listens and can change its mind in building nuclear plants," although that could happen only in some neighborhoods, but certainly not for the nation as a whole, as the Chinese diplomat himself initially presented that there were 27 nuclear power plants currently in operation, and 25 more under construction, which looks like a very aggressive pro-nuclear power policy.
Prof. Lipscy raised an interesting point regarding the possible implications of changing political atmosphere and shifting public opinions in the US regarding nuclear proliferation in Asia, but unfortunately there was no response from any panelist or even from the floor. Probably, we need another round of panel discussion, preferably by specialists, on such an issue.
(T. Miyao)

References:
Stanford Colloquium:Japan's Great Earthquake & Nuclear Disaster: 5 Years Later" (March 10, 2016)
http://miyao-blog.blog.so-net.ne.jp/2016-03-11
--------------------------------------------------------------------------------------------

書評:櫛田健児『シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃』 [Review]

書評:櫛田健児『シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃』

書名:『シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃』
著者:櫛田健児(スタンフォード・シリコンバレーNew Japan Project プロジェクトリーダー)
出版社、年月日:朝日新聞出版、2016年9月30日

書評:(Amazonへの投稿:https://www.amazon.co.jp/dp/4022514124
「シリコンバレー詣で」をする人のための必読書」: TM
その本の価値は、それがターゲットとする読者を特定しなければ決まらない。本書は主に最近急増している「シリコンバレー詣で」をする日本人、特にビジネス大学、役所などの関係者に向けて書かれていると思われる。そのような人たちが必ずといってよいほど訪れるスタンフォード大で受け入れの窓口の役割を果たしているのが、著者に他ならないからである。
その視点からいえば、本書はシリコンバレー訪問のための必読書といえる。しかも単なる入門書ではなく、日本にいては見落としがちなシリコンバレー成功のポイントの指摘が随所でなされている。例えば、第1章にある「スケールしないビジネスは生き残れない」は、スケールという概念の重要性を理解しない日本企業への警告である。
そのようなコンテキストから、本書の価値を決めるのは何と言っても最新の動向と具体例に基づいて著者が強く感じている提言を集めた第5章「日本企業がこれからすべきこと」であろう。シリコンバレーで生き残り成功するために最低限必要なもの、それはシリコンバレー流の「オープンイノベーション」であり、「人脈」であり、「トップのコミット」であり、「デザイン思考」であることを、日本企業や起業家の実名入りの具体例で説明している結論部分は圧巻であり、これまで日本語で書かれたシリコンバレーに関するどの著書や資料よりも価値の高いものであるといえる。
---------------------------------------------------------------------------------------

Debate Manual: ディベートの手引き [ビデオ講義]

Debate Manuel: ディベートの手引き

"Debate Manual: How to Conduct Debate in Classroom" (in English)
Explained and illustrated by Takahiro Miyao
https://youtu.be/xfLQAUzikkQ

「ディベートの手引き:授業でディベートを行う方法」(日本語
説明・絵:宮尾尊弘
https://youtu.be/4V9tlXwtypo
--------------------------------------------------------------------

"Paul Revere's Ride": Music & Illustration by T. Miyao [Music]

"PAUL REVERE'S RIDE"

Poem by Henry Wadsworth Longfellow (January, 1861)
Music & Illustrations by Takahiro Miyao (June, 2016)
YouTube: https://youtu.be/4pkjPgfi8fo

A Happy Fourth of July!
-------------------------------------------------------------------------

SVIF Seminar "Differences to Make a Successful Venture": 「成功できるベンチャーは何が違うのか」 [Report]

SVIF Seminar: Mitch Kitamura "Differences to Make Successful Venture"
北村充崇「成功できるベンチャーは何が違うのか~我々ができること」(2016年5月13日)

Title タイトル: "Differences to Make a Successful Venture -- What to Do";
「成功できるベンチャーは何が違うのか~我々ができること」
Speaker スピーカー: Mitch Kitamura; 北村充崇 (Managing Director, DraperNexus)
Date/Time 日時: May 13(F), 2016, 7:30-9:00pm; 5月13日(金)19:30~21:00
Venue 場所: Wilson Sonsini Goodrich & Rosati, 650 Page Mill Road, Palo Alto, CA
Website ウェブサイト: http://www.svinnovationforum.org/event_in_sv

Mr. Kitamura's Presentation at SVIF Seminar; SVIFセミナーでの北村充崇氏のプレゼン
160513SVIFa16.jpg 160516SVIFb16.jpg
Report:
Based on his venture capitalist career for two decades, Mitch Kitamura (Managing Director of DraperNexus Ventures) made quite an impressive and informative presentation about recent trends in venture business in Silicon Valley at his SVIF seminar for mostly Japanese business audience in Northern California.
After identifying four target areas for current venture business, namely, big data-based insurance, autonomous vehicles, cyber security, and blockchain, he listed key factors which seem to differentiate successful ventures from unsuccessful ones -- (1) grit (or resolve), (2) persuasive story, and (3) fast growth.
On the other hand, the single most important reason for failure appears to be "no market lead", that is, no market demand for the new product developed by venture business, according to Mr. Kitamura.
However, there were quite a few questions about this statement from the audience, pointing out that at least some of the successful venture businesses made a success, exactly because there were no markets for their products until they produced and marketed -- so the question is how to resolve this dilemma for venture business.
Apparently no clear answer exists, but what Mr. Kitamura called the Silicon Valley Rules could give a good suggestion as to how to deal with this dilemma for future success in venture business: that is, (1) pay it forward: give and take, (2) do and build a thing, (3) open to feedback, and (4) be excited with what you do -- very good advice indeed.
(Reported by T. Miyao)
報告
20年に渡るベンチャーキャピタリストの経験に基づき、北村氏は主に北カリフォルニア地域の日本人のビジネス関係者を対象とするSVIF講演会で、シリコンバレーでのベンチャービジネスの最近のトレンドについて非常に印象深く極めて有益な内容のプレゼンを行った。
まず、最近のベンチャービジネスがターゲットとしている4つの分野、つまりビッグデータによる保険サービス、自動運転の乗り物、サイバーセキュリティー、およびブロックチェインを挙げた後に、成功できるベンチャーをそうでないものから分ける重要な要因をリストした。
それらは、(1)やり抜く力、ないし気概、(2)説得力あるストーリー、および(3)急成長力。
これに対して北村氏によると、失敗する最大の要因は、市場が存在しなかった、つまり新製品を開発しても誰も買わなかったことであるという。
しかしながら、この点については参加者から色々な関連質問が出て、これまで成功したベンチャービジネスのいくつかは、まさにその商品が生み出されて売りに出されるまでは市場がなかったケースがあることが指摘されたーーこの点をどうするかはベンチャービジネスの真のジレンマと言えるのかもしれない。
それについての明確な答えはないが、北村氏が最後に触れた「シリコンバレーの掟」が、このジレンマを乗り越えて将来の成功を導くための示唆を与えているようにみえる。それらは、(1)まず自分が与えてから何かを得る、(2)やってみる、モノを作ってみる、(3)他人の意見に耳を傾ける、そして(4)自分のやることに情熱を注ぐーー実に良いアドバイスである。
(宮尾)
-------------------------------------------------------------------------------------------

Stanford Seminar on” Immigration Policies”: スタンフォード・セミナー「移民政策について」 [Report]

Stanford OpenXChange Seminar: "Learning About Immigration Policies"
スタンフォード・オープンXチェンジ・セミナー「移民政策について学ぶ」(2016年5月12日)

Title タイトル: "Learning Together About Immigration Policies & Experiences"
Panelists パネリスト :
Shanto Iyengar, Chair in Communication, Professor of Political Science and Director of the Political Communication Laboratory
Ana Minian, Assistant Professor, Department of History and the Center for Comparative Studies in Race and Ethnicity (CCSRE)
Greg Walton, Associate Professor, Department of Psychology
Date/Time 日時: May 12(Th) 15:30-17:00
Venue 場所: Branner Hall Lounge, Stanford
Website ウェブサイト: https://events.stanford.edu/events/605/60599/
Sponsored by 主催: OpenXChange, CCSRE, El Centro Y Chicano, Immigrants' Rights Law Clinic, Stanford Humanities Center, SIG, Stanford Law School

Panel at the Seminar in Branner Hall Lounge: セミナーでのパネリストのプレゼン
160512Stamfo137.jpg
Report (English/Japanese):
At this interactive seminar, three panelists specializing in history and policy of immigration presented their views and analyses on the highly controversial issue, especially in the current presidential election year.
Reflecting their disciplines, their presentations and subsequent discussions tended to emphasize a close link between the immigration issue and racial problems within the context of US politics and policy choices, thus often resulting in rather short-term fluctuations in public interest and enthusiasm in this issue, as some panelist pointed out.
What is missing in this seminar as well as public discussion in the US seems to be the analysis and understanding of long-term cost and benefit of immigration, especially in economic terms, from the national and international viewpoint.
(Reported by T. Miyao)
報告
このインタラクティブなセミナーで、移民の歴史や政策の専門家である3人のパネリストが、大統領選挙の年に特に論争が激しくなる移民問題についての意見や分析のプレセンを行った。
パネリストたちの専門分野を反映して、プレゼンもその後の討論も、米国の政治と政策について移民問題を人種問題に関連付ける傾向が明らかで、そのため米国民のこの問題に対する関心の高まりが短期間に上下する結果になることがパネリストによっても指摘された。
このセミナーでも一般の米国民の間の議論でも欠けがちなのは、移民が持つ長期的なベネフィットとコスト、特に国全体や世界全体の視点から経済面での効果の分析や理解ではないかと感じさせるものであった。
(宮尾)
--------------------------------------------------------------------------------

Stanford Seminar on "Bitcoin and China": スタンフォード・セミナー「ビットコインと中国」 [Report]

Stanford Engineering Seminar: Bobby Lee "Bitcoin & China" (May 11, '16)
スタンフォード・エンジニアリング・セミナー:ボビー・リー「ビットコインと中国」(2016年5月12日)

Title タイトル: "Bitcoin, China, and Startups"
Speaker スピーカー: Bobby Lee, Co-founder and CEO of BTCC
Date/Time 日時: May 11(W), 2016, 4:30-6:00pm
Venue 場所: NVIDIA Auditorium, Huang Engineering Center, Stanford
Website ウェブサイト: https://events.stanford.edu/events/588/58835/
DFJ Entrepreneurial Thought Leaders Series
Sponsored by 主催: Stanford Technology Venture Program, Business Association of Stanford Entrepreneurial Students

Huang Engineering Center; Bobby Lee's presentation ボビー・リーのプレゼン
160511StanfordA16.jpg160511StanfordB20.jpg
"Physical version" of bitcoin, Seminar shown on monitor outside the auditorium
160511StanfordC16.jpg160511StanfordD20.jpg
Report: (English/Japanese)
Mr. Bobby Lee with his BS and MS in Computer Science from Stanford is "co-founder and CEO of BTCC, the leading bitcoin financial platform and the longest-running bitcoin exchange worldwide," according to Stanford's event website.
His seminar at the Engineering Center Auditorium has revealed why he has been so successful in this highly controversial business in the tightly regulated country.
After explaining the basic concept and nature of bitcoin, including "bitcoin mining," which itself is an interesting process, he turned to why bitcoin is so popular in China and also how to make a good entrepreneur in China, rather than getting into technological details about bitcoin, such as "blockchain," which most of the audience was interested in.
Furthermore, in taking up the Chinese situation, he emphasized mostly positive aspects (saying "the Chinese like bitcoin because it represents the digital future" and "the Chinese government seems supportive of bitcoin") and minimized the widely believed negative aspects (saying "bitcoin is not so heavily used to evade capital controls in China").
So, this seminar turned out to be a kind of promotional pitch rather than an academic explanation about bitcoin and its acceptance in China.
In any case, he is a terrific salesperson, and it is now understandable why he has been so successful in China for so long.
(Reported by T. Miyao)
報告
ボビー・リー氏は、スタンフォードのコンピューターサイエンスの学士号と修士号を持つ中国の起業家で、彼が共同創業者とCEOであるBTCC社は、主要なビットコイン金融プラットフォームであり、ビットコインの取り引きでは世界で最も長く続いている会社である(上記ウェブサイトによる)。
彼のエンジニアリングスクール・センターの講堂でのセミナーは、なぜ彼が規制の厳しい中国で問題が多いビットコイン・ビジネスを成功裏に進められているかを示すものであった。
まず、ビットコインの基本的な概念や性格が説明され、例えば「ビットコイン・マイニング(採掘)」といった面白い概念の説明もあったが、その後「ブロックチェイン」などの参加者が聞きたかったビットコインの技術的な詳細には触れずに、話を中国の状況に転じて、なぜビットコインが中国で人気があるか、またより一般的に中国での起業家のあり方などが議論された。
さらに中国の状況について、彼はもっぱらプラスの側面を強調し(「中国人がビットコインが好きなのは、それがデジタル社会の将来を表すものだから」、また「中国政府はビットコインに対して理解を示している」などと言って)、その一方で広く信じられているマイナスの側面をそれほど深刻ではないという(ビットコインは中国の資本規制を回避する方法としてはあまり使われていない」などと言って)擁護する姿勢を示した。
そのように彼のセミナーは、ビットコインと中国での受け入れについての学術的な説明ではなく、一種のプロモーション的な売り込みともいえるものであった。
いずれにしても、ボビー・リー氏が大変なセールスマンであることは確かで、それがなぜ彼が中国でこれだけ長く商売を続けることに成功しているかの理由と言えるであろう。
(宮尾)
--------------------------------------------------------------------------------------

Opportunity Conference 2016@CUHK: 香港中文大学でのコンファレンス2016 [Report]

Opportunity Conference 2016@CUHK: 香港中文大学でのコンファレンス2016

Date/Time: April 23 (Sat), 2016, 1:30-7:00pm: 日時:4月23日(土)13:30-19:00
Place: Cheng Yu Tung Building, CUHK: 場所:香港中文大学Cheng Yu Tungビル
Organizer: Business School at CUHK: 主催:香港中文大学ビジネススクール
Theme: HK: Hub of Innovation in Asia: テーマ:香港;アジアのイノベーション・ハブ

Opening Remarks: 14:00 - 14:10
Prof. Jeff YEUNG, Director, MSc, Info & Tech Mgmt, and Dept of DSME, CUHK
160428HKZ1.jpg160428HKZ2.jpg

Session I: Innovation in Asia: 14:10 - 16:00
[Left] Prof. Kin Chung HO (Open Univ. of HK) “Creating an Innovation Space in HK”, [Right] Prof. Takahiro MIYAO (Tsukuba Univ. & USC) “New Opportunities for IT Innovation and Entrepreneurship” - Right Photo from Facebook
160428HKZ3.jpg160428HKZ4.jpg

[Left] Ms. Elaine ANN (Kaizor Innovation) “What Can Bruce Lee Teach Us About Innovation for HK”, [Right] Panel Discussion: Moderator, Prof. Walter MOK (CUHK & Stanford Univ.) -- Right Photo from Facebook
160428HKZ5.jpg160428HKZ6.jpg

Session II: Keynote Address & TI Town Hall Meeting: 16:30-19:00
[Left] Ir Allen YEUNG (Gov. Chief Info Officer) “HK: Hub of IT Innovation in Asia”, [Right] Hon. Charles MOK, JP (HK, Legislative Councillor) “Creating a Bright Future for HK IT Industry”
160428HKZ7.jpg160428HKZ8.jpg

Town Hall Discussion: Moderator, Prof. Walter MOK (CUHK & Stanford Univ.)
160428HKZ9.jpg160428HKZ0.jpg

Conference Website: http://dsme.baf.cuhk.edu.hk/opportunity2016/
Conference Facebook: https://www.facebook.com/media/set/?set=a.697772213699163.1073741841.172393756237014&type=3

Report:
Hong Kong as Asia's innovation center a la Silicon Valley in the global economy -- that is what outsiders like me might as well expect of this economically vibrant city, which is often ranked number one in international competitiveness and IT infrastructure.
However, surprisingly, at least to me, almost all the speakers at this year's Opportunity Conference at CUHK addressed various problems and obstacles that young people in Hong Kong are facing in trying to start new business as entrepreneurs, much like what I hear about entrepreneurship, or lack of it, in Japan.
It looked like everyone in Hong Kong was doing "soul-searching" and asking what innovation should be of the people, by the people and for the people of Hong Kong, as surprisingly few new ideas and innovations are coming out of this technologically advanced city.
After all, it comes down to the obvious fact that it is not the existing technology or the current standard of living, but the "ecosystem" and "culture" of risk taking for active human interaction and open exchange of ideas to produce innovations and entrepreneurship, which tend to be lacking even among most advanced regions across East Asia, and Hong Kong is no exception.
Having said this, I strongly feel that many young people in Hong Kong seem to be taking a step forward to be true entrepreneurs through excellent entrepreneurship programs at HK's business schools like the one at CUHK. Hopefully, those small steps by individuals will eventually amount to a giant leap for Hong Kong to become a true innovation center in the global economy in the near future.
(Reported by Takahiro Miyao)
Reference: http://dsme.baf.cuhk.edu.hk/opportunity2016/images/ProfMiyao.pdf
------------------------------------------------------------------------------------------
報告:(Japanese)
世界経済におけるシリコンバレーのような役割を果たすアジアのイノベーションセンター香港 --- これが私のようなアウトサイダーが持つ香港のイメージであり、それはしばしば国際競争力やITインフラのレベルで世界一にランクされる経済的に繁栄するこの都市に期待するものでもある。
しかし驚いたことに、香港中文大学で開催された2016年度「オポチュニティ・コンファレンス」のスピーカーは誰しも香港の若者が新しいビジネスを起業することを阻む様々な問題や障害を強調していたのは、ちょうど日本での起業家精神の欠如の議論を彷彿させるものであった。
それは、この都市が技術的には先進経済であるにもかかわらず、あまり新しいアイデアやイノベーションが生まれない現実に直面し、あたかも香港の誰もが「自分探し」をして、香港の「人民の人民による人民のためのイノベーション」がどうあるべきかを問うているようにみえた。
結局のところ、すべては既存の技術や現在の生活の水準ではなく、リスクを避けずに人々が交流し、色々なアイデアを交換するような「エコシステム」や「文化」がイノベーションや起業家精神を生み出す上で重要で、それが東アジア地域では先進的な地域でさえも欠けていることが問題であり、香港も例外ではないといえる。
とはいえ、香港の若者たちは、香港中文大学のような地元の優秀な大学のビジネススクールの起業家養成プログラムを通じて真の起業家になるための第一歩を踏み出しており、そのような個人による小さな一歩前進が全体として、やがて近い将来香港にとって世界経済の真のイノベーションセンターに向かっての大きな飛躍に結びつくことを期待したいものである。
(文責:宮尾尊弘)
参考: http://dsme.baf.cuhk.edu.hk/opportunity2016/images/ProfMiyao.pdf
------------------------------------------------------------------------------------------
前の10件 | -
メッセージを送る