So-net無料ブログ作成
検索選択

経済教育ネットワーク年次総会・2007年度:NEE Annual Meetings [Report]

経済教育ネットワーク2007年度年次大会:NEE Annual Meetings 2007
日時:2007年9月15日(土)10:30-17:00; September 15, 2007
会場:日本大学経済学部2号館:Econ Dept., Nihon University
開会挨拶、大竹文雄大阪大学教授: 司会、新井明都立西高校教諭
Opening Address, Prof. Fumio Ohtake: Coordinator, Mr Arai Akira

佐和隆光立命館大学教授:基調講演「いま経済学を学ぶこと、教えること」
Keynote Speech, Professor Sawa

まず、大竹文雄大阪大学経済学部教授から開会の挨拶があった後、佐和隆光立命館大学教授より「経済を学ぶということ」というテーマで基調講演があった。そこでは、基本的に経済学で教え学ぶべきことは、市場経済の仕組みであり、経済問題の考え方であることが強調され、その点で日本の経済教育は小中高校に限らず、大学でも社会でも問題があることが指摘された。講演後、質疑応答が活発に行われ、現状の教育問題の根深さと変革への方法などが議論された。

猪瀬武則弘前大学教授による模擬授業「公共財ゲーム
Experimental Class by Prof. Inose: "Public Goods Game"

コメンテーター:高橋勝也教諭(都立拝島高)、田中繁広教諭(北区立神谷中)
Commented by Mr. Katsuya Takahashi and Mr. Shigehiro Tanaka

午後の最初のセッションでは、猪瀬武則弘前大学教育学部教授が「公共財ゲーム:マンション耐震改修」(中川雅之日大経済学部教授原案作成)の教材を使って模擬授業を試み、参加者を10のグループ(世帯とみなす)に分けて実験を行った。結果として修繕費を負担せずに改修サービスの便益だけを得ようとする「ただ乗り世帯」の数は約半数で、実験を繰り返してもあまり変わることはなかった。これをどう解釈するかについての議論がその後行われた。またマンションの耐震改修というテーマそのものを「公共財」という名のもとで取り上げることの妥当性も議論になった。
さらに、コメンテーターの高橋教諭と田中教諭からは、このようなゲームの教材を評価するとともに、教員側の理解や生徒の興味の点で解決すべき問題があることも指摘された。

シンポジウム・コーディネーター:栗原久信州大学教授:Coordinator Prof. Kurihara
コメンテーターとパネリスト(敬称略):新井明、浅野忠克、赤峰信、岡崎竜子、鬼塚眞子
Participants: Mr. Arai, Mr. Asano, Mr. Akamine, Ms. Okazaki, Ms. Onizuka

次のセッションでは、「学校における経済教育をどう支援するか」についてのシンポジウムが行われ、コーディネーターの栗原久信州大教授のもとで、金融関係で学校教育への支援を行っている3つの代表的団体からのパネリストが、提供教材と活動内容の紹介およびこれからの課題について発表を行った。会場で配布された資料に示された様に、膨大な量の教材提供や支援活動がなされてきたことは明らかであるが、それが現場でどれだけ金融教育や経済教育を推進する上で役割を果たしたかについては大きな課題であることが指摘された。今後のさらなる努力の必要性とともに、学校と教員の役割が改めて問われていることも明確になった。

パネリスト:赤峰信氏(東証取引所証券広報部)、岡崎竜子氏(日銀情報サービス部)
Mr. Akamine (Tokyo Stock Exchange), Ms. Okazaki (Bank of Japan)

鬼塚眞子氏(日本FP協会会員)、コメンテーター浅野忠克氏(山村学園短大)、新井明教諭
Ms. Onizuka (Japan FP Association): Mr. Asano (Yamamura Gakuen College)

最後の閉会の辞として、まず三枝利多教諭(目黒中央中)が、シンポジウムの議論を結果を受けて、外部から支援を受ける学校の側の課題、例えば研修の機会と時間を確保する難しさなどを指摘し、それとともに経済教育ネットワークの役割の重要性を強調した。またそれが篠原総一経済教育ネットワーク代表の結論でもあった。総会は、篠原代表の参加者全員に対する謝辞で閉幕となった。
三枝利多教諭と篠原総一代表:Mr. Saegusa and Prof. Shinohara

総会後の懇親会の様子: Participants at "Konshin" Party

After a brief opening remark by Prof. Fumio Ohtake (Osaka Univ.) a keynote speech was given by Prof. Takamitsu Sawa (Ritsumeikan Univ.), who emphasized that what should be taught and learned in economics is the mechanism of the market economy and the way of economic thinking, and that economic education in Japan is in trouble at every level from the elementary school to college and beyond.
Then, in the first afternoon session, Prof. Inose (Hirosaki Univ.) gave an experimental class by using a manual of “Public Goods Game” (originally developed Nihon Univ. Prof. Nakagawa), where participants were divided into 10 groups ("households") to decide whether they would bear the cost of earthquake proof repairs for their condominium. The result was that about half of the households would be willing to pay, and some discussion took place as to how to interpret this result.
Comments were made by Mr. Katsuya Takahashi (Toritsu Haijima High) and Mr. Shigehiro Tanaka (Kitaku Kamiya Middle School), who appreciated this kind of game material, while pointing out some potential problems about the material in term of teachers' understanding and students' interest.
In the second afternoon session, a symposirum on "How to Support Economic Educaiton at School" was held, chaired by Prof. Hisashi Kurihara (Shinshu Univ.), with three panelists, Mr. Shin Akamine (Tokyo Stock Exchange), Ms. Ryoko Okazaki (Bank of Japan, PR Dept.) and Ms. Shinko Onizuka (Japan FP Association), who explained about their activities and materials to support various school programs in economic education. Active discussions were made among participants including Mr. Tadatoshi Asano (Yamamura Gakuen College) and Mr. Akira Arai, who emphasized the important of the role of schools and teachers in choosing available materials provided from outside.
In concluding remarks, Mr. Saegusa (Meguro Chuo Middle School) pointed out some difficulties on the school side, such as securing enough opportunities and time allocation for teacher training, and the importance of various activities organized by the Economic Education Network to help overcome those difficulties. That was also the conclusion of Prof. Shinohara (Doshisha Univ.) , who expressed his thanks to all the participants for useful discussions.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る