So-net無料ブログ作成

先生のための夏休み経済教室(中学):Summertime Economic Seminar for Teachers (Middle School) [Report]

「先生のための夏休み経済教室」in 東京(中学校):1日目
"Summertime Economic Seminar for Teachers" @Tokyo (Middle School): Day 1
場所:東京証券取引所・東証ホール; Place: Tokyo Stock Exchange, Tosho Hall
参加者:中学の教員を中心に100名以上; Participants: More than 100 teachers
プログラム: Program:
10:00-10:10 東証の挨拶と司会・三枝利多教諭:Greetings & Moderator (Mr. Saegusa)
100809a7.jpg 100809b7.jpg
セッション1:教科書で教える経済の仕組み:Economic Mechanism in Textbooks
10:10-12:00 篠原総一教授(Prof. Shinohara)と質疑の様子(Q&A with Participants)
100809c7.jpg 100809d7.jpg
セッション2:経済と経済教育:The Economy and Economic Education
13:00-14:30 吉川洋教授(Prof. Yoshikawa)と会場の様子(Participants)
100809e7.jpg 100809f7.jpg
14:40-16:10:証券史料ホール見学・株式模擬売買体験(Securities Archives Hall Tour and Stock Trading Simulation)
16:20-17:20:懇親会・情報交換会(Networking Party)

先生のための「夏休み経済教室」(中学校)-1日目要旨:
中学校教員のための「夏休み経済教室」が、東京証券取引所グループと経済教育ネットワークの協力により、8月9日に東京の東証ホールで開催された。まず1日目は、最初に東証グループの代表と司会の三枝利多教諭(目黒区立目黒中央中学)が開会の挨拶を行った。
セッション1(10:10-12:00)では、篠原総一教授(同志社大)が「教科書で教える経済の仕組み」について講演し、社会の制度や活動の仕組みを理解することが重要であること、またそこで生産における「分業」および市場における「交換」が経済の仕組みの核をなす概念であることを強調した。その上で、「企業モデル」のアウトラインが示され、そのようなモデルで生産、分業、交換などが中学生にとっても容易かつ現実的に理解できることが示された。
次にセッション2(13:00-14:30)では、吉川洋教授(東京大学)が「経済と経済教育」というテーマで講義し、まず経済的な言葉よりも考え方を教える重要性が指摘された。またそれとの関連で、効率性やイノベーションの面では市場経済のほうが社会主義経済よりも勝っていることは確かであるが、所得分配の公正は市場経済ではなかなか実現できない問題として残ることも説明された。さらに、日本の財政問題やグローバル化の遅れなども取り上げられた。
以上の2つのセッションで、参加者から、経済学の成果を教えることの是非、市場経済とグローバル化のマイナス面、および財政問題解決のためのインフレの必要性といったよい(難しい)質問が提起されたが、このことは、参加者が単に中学生に教える以上に進んだ経済学の分析や成果について学びたいという意欲をもっていることを示しているように思われた。
これらの講演のセッションの後、参加者は証券史料ホールの見学と株式模擬売買体験を行い、さらに懇親会に参加し、情報交換などを行った。
参考:
東京での「夏休み経済教室」の2日間のプログラムの詳細は以下を参照:
http://www.tse.or.jp/learning/education/kyoin/keizaigaku-t_100809.html

Summertime Economic Seminar for Teachers (Middle School) - Day 1 Summary:
A summertime seminar in economics for middle school teachers was held by Tokyo Stock Exchange (TSE) in cooperation with the Network for Economic Education at TSE’s Tosho Hall in Tokyo on August 9. The seminar, on the first day, was opened with a welcoming remark by a representative of the TSE group and also by Mr. Toshikazu Saegusa (Megura Chuo Middle School) as the moderator.
In Session 1 (10:10-12:00), Prof. Soichi Shinohara (Doshisha University) gave a talk on "Economic Mechanism in Textbooks" where he emphasized the importance of understanding the economic mechanism of social institutions and activities with “division of labor” in production and “exchange” in the market as the key concepts in the economic mechanism. Then, he outlined a “firm” model, where the mechanism of production, division of labor and exchange can be understood easily and realistically by middle school students.
In Session 2 (13:00-14:30), Prof. Hiroshi Yoshikawa (University of Tokyo) made a presentation on "The Economy and Economic Education," where he maintained that the economic way of thinking, rather than economic terminology, should be taught, and that the market economy would certainly be better than socialism in terms of efficiency and innovation, but equity in income distribution might remain to be an unresolved issue in the market economy. He also talked about the worsening fiscal problem and the delay in economic globalization in Japan.
In both sessions, some participants asked “good” (difficult) questions about scientific results in economics, negative effects of globalization, and the need for inflation to deal with government debt. These questions seemed to indicate that the participants were eager to learn more advanced economic analyses and results than those just for middle school students.
After the lecture sessions, the participants took a tour in TSE’s Securities Archives Hall and joined a stock trading simulation. Finally, they participated in a network party for information exchange.
Reference:
For the 2-day program of the Summertime Economic Seminar (Middle School) in Tokyo, see the following:
http://www.tse.or.jp/learning/education/kyoin/keizaigaku-t_100809.html
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。