So-net無料ブログ作成
検索選択

Stanford Seminar on "Bitcoin and China": スタンフォード・セミナー「ビットコインと中国」 [Report]

Stanford Engineering Seminar: Bobby Lee "Bitcoin & China" (May 11, '16)
スタンフォード・エンジニアリング・セミナー:ボビー・リー「ビットコインと中国」(2016年5月12日)

Title タイトル: "Bitcoin, China, and Startups"
Speaker スピーカー: Bobby Lee, Co-founder and CEO of BTCC
Date/Time 日時: May 11(W), 2016, 4:30-6:00pm
Venue 場所: NVIDIA Auditorium, Huang Engineering Center, Stanford
Website ウェブサイト: https://events.stanford.edu/events/588/58835/
DFJ Entrepreneurial Thought Leaders Series
Sponsored by 主催: Stanford Technology Venture Program, Business Association of Stanford Entrepreneurial Students

Huang Engineering Center; Bobby Lee's presentation ボビー・リーのプレゼン
160511StanfordA16.jpg160511StanfordB20.jpg
"Physical version" of bitcoin, Seminar shown on monitor outside the auditorium
160511StanfordC16.jpg160511StanfordD20.jpg
Report: (English/Japanese)
Mr. Bobby Lee with his BS and MS in Computer Science from Stanford is "co-founder and CEO of BTCC, the leading bitcoin financial platform and the longest-running bitcoin exchange worldwide," according to Stanford's event website.
His seminar at the Engineering Center Auditorium has revealed why he has been so successful in this highly controversial business in the tightly regulated country.
After explaining the basic concept and nature of bitcoin, including "bitcoin mining," which itself is an interesting process, he turned to why bitcoin is so popular in China and also how to make a good entrepreneur in China, rather than getting into technological details about bitcoin, such as "blockchain," which most of the audience was interested in.
Furthermore, in taking up the Chinese situation, he emphasized mostly positive aspects (saying "the Chinese like bitcoin because it represents the digital future" and "the Chinese government seems supportive of bitcoin") and minimized the widely believed negative aspects (saying "bitcoin is not so heavily used to evade capital controls in China").
So, this seminar turned out to be a kind of promotional pitch rather than an academic explanation about bitcoin and its acceptance in China.
In any case, he is a terrific salesperson, and it is now understandable why he has been so successful in China for so long.
(Reported by T. Miyao)
報告
ボビー・リー氏は、スタンフォードのコンピューターサイエンスの学士号と修士号を持つ中国の起業家で、彼が共同創業者とCEOであるBTCC社は、主要なビットコイン金融プラットフォームであり、ビットコインの取り引きでは世界で最も長く続いている会社である(上記ウェブサイトによる)。
彼のエンジニアリングスクール・センターの講堂でのセミナーは、なぜ彼が規制の厳しい中国で問題が多いビットコイン・ビジネスを成功裏に進められているかを示すものであった。
まず、ビットコインの基本的な概念や性格が説明され、例えば「ビットコイン・マイニング(採掘)」といった面白い概念の説明もあったが、その後「ブロックチェイン」などの参加者が聞きたかったビットコインの技術的な詳細には触れずに、話を中国の状況に転じて、なぜビットコインが中国で人気があるか、またより一般的に中国での起業家のあり方などが議論された。
さらに中国の状況について、彼はもっぱらプラスの側面を強調し(「中国人がビットコインが好きなのは、それがデジタル社会の将来を表すものだから」、また「中国政府はビットコインに対して理解を示している」などと言って)、その一方で広く信じられているマイナスの側面をそれほど深刻ではないという(ビットコインは中国の資本規制を回避する方法としてはあまり使われていない」などと言って)擁護する姿勢を示した。
そのように彼のセミナーは、ビットコインと中国での受け入れについての学術的な説明ではなく、一種のプロモーション的な売り込みともいえるものであった。
いずれにしても、ボビー・リー氏が大変なセールスマンであることは確かで、それがなぜ彼が中国でこれだけ長く商売を続けることに成功しているかの理由と言えるであろう。
(宮尾)
--------------------------------------------------------------------------------------
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。