So-net無料ブログ作成
検索選択

Stanford Seminar on” Immigration Policies”: スタンフォード・セミナー「移民政策について」 [Report]

Stanford OpenXChange Seminar: "Learning About Immigration Policies"
スタンフォード・オープンXチェンジ・セミナー「移民政策について学ぶ」(2016年5月12日)

Title タイトル: "Learning Together About Immigration Policies & Experiences"
Panelists パネリスト :
Shanto Iyengar, Chair in Communication, Professor of Political Science and Director of the Political Communication Laboratory
Ana Minian, Assistant Professor, Department of History and the Center for Comparative Studies in Race and Ethnicity (CCSRE)
Greg Walton, Associate Professor, Department of Psychology
Date/Time 日時: May 12(Th) 15:30-17:00
Venue 場所: Branner Hall Lounge, Stanford
Website ウェブサイト: https://events.stanford.edu/events/605/60599/
Sponsored by 主催: OpenXChange, CCSRE, El Centro Y Chicano, Immigrants' Rights Law Clinic, Stanford Humanities Center, SIG, Stanford Law School

Panel at the Seminar in Branner Hall Lounge: セミナーでのパネリストのプレゼン
160512Stamfo137.jpg
Report (English/Japanese):
At this interactive seminar, three panelists specializing in history and policy of immigration presented their views and analyses on the highly controversial issue, especially in the current presidential election year.
Reflecting their disciplines, their presentations and subsequent discussions tended to emphasize a close link between the immigration issue and racial problems within the context of US politics and policy choices, thus often resulting in rather short-term fluctuations in public interest and enthusiasm in this issue, as some panelist pointed out.
What is missing in this seminar as well as public discussion in the US seems to be the analysis and understanding of long-term cost and benefit of immigration, especially in economic terms, from the national and international viewpoint.
(Reported by T. Miyao)
報告
このインタラクティブなセミナーで、移民の歴史や政策の専門家である3人のパネリストが、大統領選挙の年に特に論争が激しくなる移民問題についての意見や分析のプレセンを行った。
パネリストたちの専門分野を反映して、プレゼンもその後の討論も、米国の政治と政策について移民問題を人種問題に関連付ける傾向が明らかで、そのため米国民のこの問題に対する関心の高まりが短期間に上下する結果になることがパネリストによっても指摘された。
このセミナーでも一般の米国民の間の議論でも欠けがちなのは、移民が持つ長期的なベネフィットとコスト、特に国全体や世界全体の視点から経済面での効果の分析や理解ではないかと感じさせるものであった。
(宮尾)
--------------------------------------------------------------------------------
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。