So-net無料ブログ作成
検索選択

コマナー教授とのインタビュー:Interview with Prof. Comanor [インタビュー]

経済教育インタビューシリーズ(4):Economic Education Interview Series(4)
Prof. Comanor (left)
ウィリアム・コマナーUCLA教授:Mr. William S. Comanor (Professor at UCLA)

12月29日(ロス現地時間では12月28日)にインタビューしたコマナー教授は、米国とカナダで長年経済学を教えた経験に基いて、経済教育については色々な意見を述べられた。以下がそのインタビューの要旨である。

コマナー教授とのインタビュー要旨
第1に、経済学は分析の「方法」であって「対象」が問題なのではない。経済学を教えるというと、人は経済のことを教えると考えがちだが、それは誤りである。経済学を社会学や他の社会科学と区別するものは、それが扱う対象ではなく、希少な資源のあるどんな状況にも適用できるその方法にある。
第2に、経済学では意思決定が制約条件のもとで行なわれることを強調する点が重要である。多くの人は、良い意思決定というのは何を達成したいかをよく考えることだと思っている。それは、最適な決定を行なうための経済学者の方法を理解していないことを意味する。
経済教育において、生徒たちには、意思決定の際は目的だけでなく制約条件をよく考慮するよう教えるべきである。より具体的にいえば、生徒たちに日常生活についても将来の職業選択についても、現実的な制約条件があることに気づくようにすべきであろう。
日常生活では、自分がどれだけ自分自身で使える資金を持っているかを決めることから始める。また資金以外の制約条件、たとえば両親のような自分以外の人たちによって課される制約があることにも気づくべきである。
将来の職業選択について、やりたいことの目的を決めることが重要なのはいうまでもない。しかし既に述べたように、それだけでは十分でない。制約条件を考慮せずに、「夢を追う」ことは無意味である。
このような重要な側面が、日常生活についてであろうと将来の職業選択であろうと、意思決定には常に伴うということを教えてくれるのが経済学に他ならない。この面がほとんど評価されていないのは驚くべきことである。

On 12/29 (12/28 in Pacific Standard Time), I interviewed Prof. Comanor, who had a lot to say about economic education based on his long-time teaching experience at various schools in the US and Canada. The following is a summary of my interview with Prof. Comanor.

Summary of Prof. Comanor's Interview.
First of all, economics is a “methodology” and not a “subject matter.” When you talk about teaching economics, people think that you are talking about the economy, and that is wrong. What distinguishes economics from sociology and other social sciences is not the subject matter but rather the methodology, which can apply to any situation with scarce resources.
Second, economics emphasizes the fact that all decisions are taken under constraints. Most people tend to think that for good decisions all we need to do is think about what you want to achieve. That misses the methodology we economist use to determine optimal decisions.
In economic education, students should be taught the fact that all decisions require identification of the constraints as well as the objectives. In a more concrete terms, they should be aware of realistic constraints, whether in daily living or in future career.
In daily living, they first have to decide how much budge they have. However, all constraints are not monetary constraints. Some constraints are imposed by other people like their parents.
For their future career, students should identify their objectives for sure. But again, that is not sufficient. Just “follow your dream” could be unbelievable non-sense, unless constraints are taken into account.
Economics can tell you these important aspects of decision making, whether it is about your daily living or about your future career. I am startled by how little that is appreciated.


メッセージを送る