So-net無料ブログ作成

書評:櫛田健児『シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃』 [Review]

書評:櫛田健児『シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃』

書名:『シリコンバレー発アルゴリズム革命の衝撃』
著者:櫛田健児(スタンフォード・シリコンバレーNew Japan Project プロジェクトリーダー)
出版社、年月日:朝日新聞出版、2016年9月30日

書評:(Amazonへの投稿:https://www.amazon.co.jp/dp/4022514124
「シリコンバレー詣で」をする人のための必読書」: TM
その本の価値は、それがターゲットとする読者を特定しなければ決まらない。本書は主に最近急増している「シリコンバレー詣で」をする日本人、特にビジネス、大学、役所などの関係者に向けて書かれていると思われる。そのような人たちが必ずといってよいほど訪れるスタンフォード大で受け入れの窓口の役割を果たしているのが、著者に他ならないからである。
その視点からいえば、本書はシリコンバレー訪問のための必読書といえる。しかも単なる入門書ではなく、日本にいては見落としがちなシリコンバレー成功のポイントの指摘が随所でなされている。例えば、第1章にある「スケールしないビジネスは生き残れない」は、スケールという概念の重要性を理解しない日本企業への警告である。
そのようなコンテキストから、本書の価値を決めるのは何と言っても最新の動向と具体例に基づいて著者が強く感じている提言を集めた第5章「日本企業がこれからすべきこと」であろう。シリコンバレーで生き残り成功するために最低限必要なもの、それはシリコンバレー流の「オープンイノベーション」であり、「人脈」であり、「トップのコミット」であり、「デザイン思考」であることを、日本企業や起業家の実名入りの具体例で説明している結論部分は圧巻であり、これまで日本語で書かれたシリコンバレーに関するどの著書や資料よりも価値の高いものであるといえる。
---------------------------------------------------------------------------------------

Book Review on Two Books: 二冊の本の書評 [Review]

Polarizing Opinions Among US Economists: Book Review

Takahiro Miyao, Emeritus Professor, University of Tsukuba; Adjunct Professor of Economics, USC; Visiting Professor, Akita International University

Books reviewed:
1. John B. Taylor, First Principles: Five Keys to Restoring America's Prosperity, Norton, 2012.
2. Jeffrey D. Sachs, The Price of Civilization: Reawakening American Virtue and Prosperity, Random House, 2011.

Review in English (to be followed by its Japanese version):

Two of the most prominent economists of our time, one conservative and one liberal, recently published easy-to-read books with catchy titles, which look somewhat similar, but are actually very different and even diametrically opposed to each other in content. As one can easily figure out, John Taylor at Stanford’s Hoover Institution, a member of the Council of Economic Advisers under the George W. Bush Administration, argues for restoration of the basic principles for economic freedom including limited roles for government, whereas Jeffrey Sachs at Columbia University, a special adviser to the UN Secretary General, severely criticizes what might be called free-market fundamentalism and insists that “a combination of market force and government actions is needed to achieve three simultaneous goals [efficiency, fairness, and sustainability]”

There is no coincidence that these two books are published almost simultaneously at this time, as each of them looks like a kind of “bible” for one of the two most celebrated social and political movements in today’s America, namely, the Tea Party and the Occupy Wall Street movements. The former blames the government for all the problems that the US is facing, while the latter deplores the lack of “social responsibility of the rich, roughly the top 1 percent of American households.” These fundamentally different views seem to be reflective of the current polarizing tendency of the political right and left, especially in this presidential election year.

It is kind of amusing to contrast the extreme positions of the two economists in explaining economic stagnation including the Great Depression by too much government regulation, according to John Taylor, and too skewed income distribution, according to Jeffrey Sachs. No wonder Ronald Reagan receives completely different grades, A and F, by these two professors, respectively.

Although their positions are just opposite to each other, they clearly share grave concerns over the current state and trend of the US economy, which in their views seems to be going in the wrong direction. Then, the reader might ask; if that is the case, why has the US economy been improving steadily, however slowly, since the Lehman shock in 2008, while other advanced economies such as the EU and Japan have been struggling up to date? From the standpoint of those countries, the US seems to be definitely moving in the right direction.

This is a legitimate and relevant question to be posed to the two economists who, at least in these books, lack the approach of international comparisons and focus only on the US to find possible causes for economic difficulties and stagnation. They should be reminded of the report of the Financial Crisis Inquiry Commission (http://fcic.law.stanford.edu/report/conclusions), where at least the “dissenting” view articulates the global nature of the financial crisis with greater real estate bubbles observed in some European countries than in the US, implying that the real causes for the crisis might well be found somewhere out in global markets, rather than domestically made in the US. This view is more consistent with the fact that the EU was affected more severely than the US by the financial crisis and is still suffering more than the US economy. It is interesting to note that neither of the two authors takes up Europe or Japan from the viewpoint of international comparisons in these books. This domestic bias, which is so commonly observed among US economists, is problematic and possibly fatal in attempting to obtain correct diagnosis and prescriptions for economic illnesses in the US or in any other country for that matter in this age of globalization.

Until they write next books with more international perspectives after the fever of the presidential elections is over, the reader should not take their extreme views too seriously and just enjoy reading how far two economists could possibly differ from each other in dealing with the economic crisis in the US.
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Review in Japanese:

両極化する米経済学者の意見:書評

宮尾尊弘(筑波大学名誉教授、南カリフォルニア大学客員教授、国際教養大学客員教授)

書評:
1. John B. Taylor, First Principles: Five Keys to Restoring America's Prosperity, Norton, 2012.
2. Jeffrey D. Sachs, The Price of Civilization: Reawakening American Virtue and Prosperity, Random House, 2011.

現代のもっとも著名な経済学者の中で、一人は保守系(コンサーバティブ)でもう一人は革新系(リベラル)の二人が最近目を引くタイトルで一般向けの本を書いたが、一見タイトルは似ているものの、実際に内容はまったく異なり、むしろすべて対照的な本といえる。
容易に想像できるように、一方でジョージW. ブッシュ政権の経済諮問委員会の委員であったスタンフォード・フーバー研究所のジョン・テイラーは、政府の役割を限定することを含む経済的自由の基本原則の復活を説いているが、他方、国連事務総長の特別顧問でコロンビア大学のジェフリー・サックスは、自由市場原理主義というべきものを厳しく批判し、「市場の働きと政府の行動を組み合わせることが、3つの目標(効率性、公平性、維持可能性)の同時達成のために必要である」と主張する。

この二つの本がこの時期にほぼ同時に出版されたことは決して偶然ではない。それはこのそれぞれが、今日のアメリカでもっとも注目されている2つの社会的・政治的運動であるティーバーティとオキュパイ・ウォールストリートの運動のそれぞれにとってのバイブル的な本のように見えるからである。前者の本は、アメリカが抱えるすべての問題は政府に責任があるといい、後者の本は、「アメリカの家計の上位約1パーセントである富裕層の社会的責任」が欠如していると非難する。このように根本的に異なる見方は、特に米大統領選挙の年に政治の右派と左派が両極化する現在の傾向を反映しているともいえるであろう。

この二人の経済学者の大恐慌を含む不況を説明する極端な議論を対比させるとかなり面白い。ジョン・テイラーは過度な政府の規制により、またジェフリー・サックスは過度に歪んだ所得分配によって説明しているからである。ロナルド・レーガン元大統領について、この二人の教授の評価は、前者がAで後者がFとまったく異なっているのも驚くに値しない。

この二人の立場はまったく正反対ではあるが、明らかなのは、米経済の現状と動向に重大な懸念を持っており、米経済は間違った方向に進んでいるとする点は共通である。そうであれば、読者はそれなのになぜ米経済が2008年のリーマン・ショック以来緩慢ではあるが着実に回復しているのに対して、EUや日本の経済が今日まで苦み続けているのかと問うのではないだろうか。他国の視点からすれば、米経済は確実に正しい方向に進んでいるように見える。

これはこの二人の経済学者に向けるべき正当で的を射た質問である。というのは、少なくともこの二つの著書では米経済の問題や停滞の原因を探す上で、国際比較のアプローチが欠けており、米国内だけに焦点が当たっているからである。もし米金融危機調査委員会の報告を思い起こせば
http://fcic.law.stanford.edu/report/conclusions)、そこでは少なくとも「少数意見」として、米国よりも欧州のいくつかの国でより大きな不動産バブルが生じたことから今回の金融危機がグローバルな性格を持っていることが主張されており、危機の真の原因が米国内で生まれたというよりも、どこかグローバルな市場で見つかる可能性が高いことが示唆されている。面白いことに、この二人の著者のどちらも、今回の著書では欧州にも日本にも国際比較の視点からは言及していない。この国内バイアスは米国の経済学者の間でよく見られるが、それはこのグローバル化時代に米国を始めどの国でも経済的な病の診断と治療法を見つける上では問題で、致命的ともいえるであろう。

この二人の著者が大統領選挙の熱狂の時期が終わった後に、もっと国際的な視点を持った次の本を書くまでは、彼らの極論を読者はあまり本気にする必要はなく、経済学者が米経済の危機のような問題を取り上げる際にどれだけ違った意見を持ち得るかを読んで楽しむ程度でいいのではないだろうか。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。