So-net無料ブログ作成

金融教育の目的(記事紹介): Purpose of Financial Education (Ref.)

金融教育の目的(記事紹介): Purpose of Financial Education (Ref.)

「米のバイアスと日本の遅れ: US Bias and Japan's Backwardness」
新井明教諭:Mr. Akira Arai
11月11日の東京でのワークショップにて:@11/11 Workshop in Tokyo:
http://blog.so-net.ne.jp/miyao-blog/archive/20061111

1月28日付『朝日新聞』(下のリンク参照)のコラム「消費者パワー」で、金融教育の 日米比較が取り上げられており、そこで米国の高校では金融機関などがスポンサーになった金融教育のコースが増えていること、そしてその1つの目的は、将来の金融マンの育成であることが説明されている。
しかし、そのような金融教育のあり方に対して批判的な教師も日米両国で多く(日本では上の写真にある新井明都立西高校教諭の意見が引用されている)、経済・金融教育はむしろ一般の生徒が将来の経済社会生活のために役立つ経済的な概念や方法を教えるべきであると主張する。例えば「National Endowment for Financial Education」(下のリンク参照)などの組織がこのような動きを支援している。
いずれにしても、日本では小中高校レベルでもっと経済・金融教育のコースを増やして、生徒に「経済・金融リテラシー」を持つよう訓練することが必要である。そのような努力は日本で始まったばかりで、それを支援する組織としては「経済教育ネットワーク」(下のリンク参照)などがある。
参考:References:
朝日新聞, Asahi Shimbun (1/28):
http://www.asahi.com/paper/business.html
「National Endowment for Financial Education」のHP:
http://www.nefe.org/
「経済教育ネットワーク」, Network for Economic Education:
http://www.econ-edu.net/

It is reported in today's Asahi Shimbun (1/28; see the link above) that there is an increasing number of financial education courses at US high schools, mostly sponsored by US financial institutions. One of the purposes of such education is to train human resources for the financial industry in the future.
However, a few teachers in the US as well as in Japan, including Mr. Akira Arai at Nishi High School in Tokyo (see the photo above), are critical of such kind of financial education, and suggesting that students in general should be taught economic concepts and methods for their own economic and social life in the future. Some organizations such as the National Education for Financial Education (see the link above) are providing support in that respect.
In any case, Japan needs to offer more courses in economic and financial education courses at elmentary/middle/high school levels to help pupils acquire economic and financial literacy. Such efforts have just begun in Japan as seen on the website of the Network for Economic Education (see the link above).


ロス在住のプロとのインタビュー:Interviews with Professionals in LA [インタビュー]

経済教育インタビューシリーズ(3):Economic Education Interview Series (3)
宮崎社長 横山校長
Mr Miyazaki (President, Tokimec USA) Ms Yokoyama (Executive Director, ISMP)  

2006年12月28日(現地時間27日)にロス在住の2人の日本人のプロフェッショナルと日本の若者の教育について話し合う機会を持った。国際的なビジネスの世界で活躍するプロが日本の若者をどう見ているか、何を期待しているかを簡潔に述べているので、日本の「経済教育」がどうあるべきかについても参考になると思われる。

宮崎純雄(トキメックUSA社長)とのインタビュー要旨:
米国にはビジネスで忙しく働く一方、ボランティア活動も行なっている人が数多くいる。
私の友人である宮崎氏もその一人で、日本の代表的な精密機械会社のロス・オフィスを統括するとともに、日本の学生がカリフォルニアに来てアメリカのビジネスから何かを学ぶという短期のプログラムをボランティアとして提供している。
宮崎氏によれば、参加する学生たちが将来のキャリア選択についてのヒントを得るとともに、どのようなキャリアを選ぶせよ人生の目的を追求する強いモティベーションも獲得できるようにしたいとのこと。これまで参加した学生は日本の基準からすれば「良い学生」であるが、プログラムで与えられる質問や問題に対して、自分自身の意思を決定し、自分自身の意見を述べることが実に遅く、またそうすることを躊躇する傾向があるという。
宮崎氏は、来年春にはもっとよい長期のプログラムを提供することで、そのような消極的な文化的行動パターンを学生が克服することを可能にしたいという抱負を持ち、将来もっとこのようなプログラムが多く提供され、日本の若者が国際的な環境のもとで成長することを助けるべきという意見であった。それはまさに今後の日本のサバイバルにとって必要なことといえよう。
出典:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20061228.html

横山智佐子(ISMP:国際映画学校・校長)とのインタビュー要旨
本日は以前インタビューした「ISMP」(International School of Motion Pictures:http://www.laismp.com/)の横山智佐子校長のお宅でのパーティーに招待され、ご家族に加えて学校のスタッフと生徒さんにも会っていろいろな話しをうかがうことができた。
横山校長のお話しでは、開校からまだ4ヶ月ほどで生徒数は少ないものの、生徒たちは映画制作全般というよりもそれぞれ専門的な(例えば、音声やプロデュースなどの)興味や能力を持っているので、それぞれのニーズやレベルに合わせて教えることが重要とのこと。それでも生徒たちは、例えばビジュアルなものの感性や扱い方の能力が想像した以上であり、生徒の作品でもSFものなどは卓越した出来だったとのことである。
「いろいろと大変ですが、これからも楽しんで教えていけそうです」と横山校長が力強い声で締めくくられていたのが印象的であった。これからもこのパーティーのような家族的雰囲気で生徒たちと心を通わせながら、本場ハリウッドで通用する映画制作専門家を育てるべく頑張ってほしいものである。
出典:
http://glocom.seesaa.net/archives/20061228.html
以前の横山校長のインタビュー:
http://glocom.seesaa.net/archives/20060622.html

On 12/28 (12/27 in Pacific Standard Time), I had a chance to talk to two professionals currently living in LA about education for Japanese youth. For those who are interested in economic education in Japan, it will be quite helpful and suggestive to hear the opinions of professionals actively engaging in international business as to what can be said about Japanese young people and what can be expected of them.

Summary of Mr. Miyazaki's Interview:
In the U.S., there are quite a few people who are working hard as a businessperson on one hand and as a volunteer on the other. A friend of mine, Mr. Miyazaki, is such a businessman in charge of heading the LA office of a major precision machinery company in Japan, while voluntarily offering a short-term training program for Japanese students to learn from the American way of doing business in California.
Mr. Miyazaki said that he would like participants to obtain some hints for their future careers as well as strong motivation to pursue their objectives in life, whatever career they might choose. Although the students enrolled in his program so far were "good" students by the Japanese standard, they seemed very slow and often hesitant in making their own decisions and expressiong their own opinions in response to the questions or problems given to them on the program.
Mr. Miyazaki wishes to help students overcome such a negative cultural attitude by offering a better and longer program next spring. Hopefully, there will be more programs like this to be offered for Japanese young people to grow in an international environment, and Japan needs it for its survival in the future.
Reference:
http://glocom.blog59.fc2.com/blog-date-20061228.html

Summary of Ms. Yokoyama's Interview:
Today I was invited to a party at Ms. Chisako Yokoyama, Executive Director of the International School of Motion Pictures (ISMP), and talked to her and her family as well as her students and staff members.
Ms. Yokoyama said that although the school just opened four months ago and there are still very few students admitted, she already found it important to adjust teaching programs flexibly to the need and level of individual students, who tend to have their own specialized interests and abilities, for example, in sound technology or production activities. She was pleased with the good (actually better than expected) sense and ability of her students in handling “visual” content in film-making. In fact, the science fiction film made by one of the students was really great, according to Ms. Yokoyama.
She concluded by saying that “I think I will be able to enjoy teaching my students, whatever problems they or I might face in the future.” With such optimism and the family atmosphere prevailing at the party, she will surely succeed in educating students to become professional film-making specialists in Hollywood someday.
Reference:
http://glocom.seesaa.net/archives/20061228.html
Previous Interview with Ms. Yokoyama:
http://glocom.seesaa.net/archives/20060622.html


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。